老人性いぼができる原因とは

いぼができる原因を探してみた

そもそも、人にはなぜいぼができるのかを調べてみました。

 

いぼの種類はいろいろあるんですが、ができる原因は、

 

  • 体外、体内ウィルスの影響
  • 紫外線の影響

 

この2つだと言われています。

 

ウィルス性のいぼの場合、感染した原因を探るのは、現代医学でも難しいことのようです。

 

紫外線の影響は、人は年齢を重ねてくると肌の新陳代謝が衰え、紫外線を浴びた時にできるメラニンが体外に排除できず、シミやいぼとなって残ると言われています。

 

あまり紫外線を浴びない方がいいと言われるのは、こういうところにもあります。 女性・男性問わず、メラニンの生成が加齢によって衰えてくるので、特に夏場は帽子をかぶったり、日傘をさすなどの対策が必要になってきます。

 

私がいぼができたのは、ウィルス性の胃腸炎を発症した時だと記憶しているので、ウィルスが原因だと思われますが、紫外線対策はほとんどしていないので、これからは帽子をかぶったり、日焼け止めを塗ったりするようにしたいです。

 

そいうえば日焼け止めって、もしかしてメラニンって含まれているんですかね? あとで調べてみます。

 

私がいぼを小さくしたのは、アプリアージュのおかげです。 だいぶ小さくなったので、いつも首元のいぼが気になってTシャツ1枚では歩けませんでしたが、これからは気にせず、自信をもって生きたいと思います。

 

 

【自信を取り戻す!】アプリアージュのホームページはこちら